甘党rirako.のダイエット日記
今までありがとうございました。このブログは休止しますm(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内臓脂肪には大豆とお酢
こんにちは~

昨日のあるあるは内臓脂肪!メタボリック・シンドロームでしたね~。
「ぴーかんバディ!」ではその対策として杜仲茶を紹介していましたが、あるあるでは大豆お酢が取り上げられました。

内臓脂肪を減らすには肝機能をUPさせるのが大事だそうです。
肝機能がしっかりしていないと脂肪を燃やしずらく内臓脂肪が減りずらいそう。
大豆のアルギニンが傷ついた肝臓の細胞を修復し機能を回復させ、お酢の酢酸が肝臓の脂肪燃焼を促進させるそうです。

1日に大豆タンパクを15g、お酢を大さじ2を目安に摂りましょう。
1日の摂取例
朝:納豆1パック
昼:お酢大さじ2を5倍の水で薄めたお酢ドリンク、もしくは酢の物
夜:豆腐半丁、もしくは煮豆50g

注意点
・お酢は「醸造酢」と表記されたものを選ぶ。
・お酢は食事中か食後に摂る(空腹時)
・お酢と大豆は1食分離して摂る(一緒に摂るとお酢が大豆の吸収を阻害するため)

その他、シジミ、豚肉、タコ、緑茶も肝機能を高めます。




おぉ、また肝臓かー。昨日の記事も肝臓でしたね。
肝臓って、体臭にも内臓脂肪にも影響与えてるってことか…。肝臓を大事にしなくちゃ。
お酒飲まないんだけどなぁ…。うぅむ。
でも、横になったとき、へそ周りがへこまない人は内臓脂肪があり、へこむ人は内臓脂肪がないというチェックで…へこまなかったんですけどーーー!内臓脂肪ありってことか…。やばい。やばーーい。 お酢と大豆摂らなくちゃ…。
[内臓脂肪には大豆とお酢]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。